Philosophy(理念)

理念と呼べるほど、大層なモノではないのですが(汗)
どちらかと言えば、サイト作成ポリシーに近いモノかもしれませんが、
一度、きちんと明文化して置きたいな、と思って。
まず、このサイトの目的は、占星術&スピの基礎知識の提供になります。
何よりも、それが一番の動機であり、目指すモノです。

もちろん、Web上には同様のサイトが数多く存在します。
その結果、単に「占星術」「スピリチュアル」というカテゴリで括った場合、
相反する情報や、解釈を異にする情報もあるでしょう。
ですが、このサイトの存在は、自らの正当性を主張するものではありません。
巷には、自立よりも依存を好む人々が(残念ながら)数多く存在します。
そうした方々の"お花畑主義"は、非常に視野が狭く、
また、チャネリング等の"見えないもの崇拝"が強い傾向にもあります。
でも、彼らにはそれが必要だから、信じているだけなのです。

実際、そこへつけ込むバイラルメディアも数多く存在します。
他方、そうしたスピ界隈の在り方に、疑問や嫌悪感を感じる人も存在します。
エビデンスは無理でも、もう少し理論的に説明して欲しい、
或いは、一部の閉ざされた世界ではなく、現実でも応用出来るものが欲しい。
これは、現実(物質)世界を生きる人間として、当然の欲求です。
概念だけを闇雲に信じるのでは、ある意味、新興宗教と変わらないでしょう。
だから、いつまで経っても、スピリチュアルは怪しくて胡散臭い。
それか、現実逃避のお花畑脳と言われてしまうのです。

私は、このイメージを少しでも払拭したいと感じていますし、
もっと胸を張って、スピの話題が出せる世界になって欲しいとも思います。
何より、純粋にスピに興味を抱いた人たちが、精神性を求め始めた人々が、
拝金主義のバイラルメディアの犠牲になって欲しくない。
2012年以降、急速に増えたチャネ依存型のセッション体系は、
冥王星の水瓶座移動、海王星の牡羊座回帰で終焉を迎えることになります。
何故なら、元々「個々の目覚め」の"きっかけ"に過ぎないから。
ある種の"プロパガンダ"であり、繋ぎという位置付けなのです。

本来、自立の為の"補助輪"だったものに、依存したらどうなりますか?
強制的に"補助輪"を取り上げられる前に、個々のスピリチュアルを見つけて欲しい。
スタートラインに立ったばかりの人、癒しのプロセスにある人、
回復プロセスにある人、そして、自己表現の段階まで達した人。
どのステップにいるかによって、同じモノでも、少しずつ見え方が違います。
そうした"カスタマイズ"の一助となるサイトが作れれば、と思っています。
同様に、セッションや講座、エネワークも自立が大前提で、
自分で未来を創り行く為の基礎力を養うもの、と捉えて戴ければ幸いです♡

2000年以降のスピの在り方が、ちょっと苦手なシリウスB気質。     自身では、トゥバン(竜座)やアンドロメダ付近までしか遡れませんが、もっと遠い場所から来た魂さんのようです(←他人事)

関連記事