初めてお越しの方へ

ここは、星読み(Cosmic Channelling)に関する情報サイトです。
星の音色(Stellar Tone)を読んで行く、独自メソッドを纏めたモノなので、
吉凶にのみ終始したり、トランスサタニアンを軽視する傾向にある、
従来の「星読み」とは、全く毛色が違う内容となっています。

本来、星のエネルギーに「良い・悪い」はありません。
身勝手な”人間意識”が、感情的な「好き・嫌い」を持ち込んでいるだけです。
すべてはひとつであり、ひとつはすべてである。
星読みで扱う主要天体が、地球を含めて”11”であることには意味があります。
出生図(Naital Chart)とは、11の”星”で奏でられるSymphonyであり、
11の星が調和する時、次の次元への”扉”が開かれます。
それは、12次元の自己(モナド意識)と繋がる、ということです。
つまり、11の星の何れかが欠けても、調和は成立し得ないのです。

    *    *    *

少し厳しい言い方ですが。
既存の「星読み」は、地球視点の「現世利益」ばかり追い求め過ぎです。
各々の宇宙の設計図(Cosmic Blueprint)を完全に無視し、
時間と手間を惜しみ、自己都合で”願いが叶う時期”を勝手に決めてしまう。
その上で、自分の”慾望”と合致する情報を”星”に求めようとする。
物質至上主義に陥り、魂の成長を拒み、堕落への道を選ぶ。

何故、魂本来の「音色」に耳を傾けられないのでしょう?
不協和音を奏でている”星”を見つけ、正しく”調律”しないのでしょう?
出生図(Naital Chart)が、11の”星”で奏でられるSymphonyならば、
経過図(Transit)や相性図(Synastry)は、22の”星”が奏でるConcertoです。
調律していない楽器から、美しいハーモニーは生まれません。
なのに、身勝手な”人間意識”は何もせず、美しいハーモニーばかり望む。

闇雲に、お金や仕事、愛や幸福を求めなくとも。
調律された星の音色(Stellar Tone)は、自ずと調和し美しい旋律を奏でます。
そうして、12次元の自己(モナド意識)への”扉”が開かれる時、
星のエネルギーは、相乗効果で大きな”豊かさの流れ”を生み出すのです。
豊かさは「外側」に在るのではなく、自身の「内側」に存在するのです。
どうぞ、優しい”偽り”に惑わされず、真の法則に目覚めて下さい。

    *    *    *

なお、当サイト及び管理人は、各種思想団体・宗教等とは一切無関係ですが、
掲載記事の情報の利用については、各自の責任に於いて行って下さい。
情報の利用から、他所で発生したトラブル、損失、損害等については、
一切の責任を負いませんので、予めご承知おき下さい。

2000年以降のスピの在り方が、ちょっと苦手なシリウスB気質。     自身では、トゥバン(竜座)やアンドロメダ付近までしか遡れませんが、もっと遠い場所から来た魂さんのようです(←他人事)

関連記事